海外の英語教育が少し羨ましい件

この前娘の英語の宿題を少しだけ見ていたときのこと。娘は結構英語の文法が得意で、文章を組み立てるのが上手い。元々日本語でも作文やエッセーを書くのが好きで、読み書きそのものが結構得意なのだと思う。文章を作り上げること自体に長けているのだと我ながら思う。親バカかもしれませんけど。

でもそんな娘でも、英語を喋ることはやはり苦手らしい。本人も苦手だと言っていたし、この前英語の文章を暗記してクラスで言う、という課題のために家で練習したいたけど、聴いていてかなり発音が違う部分があったり、何ども自信なさそうにつっかえてしまう部分があった。日本語を喋るときはかなりお喋りな娘なのに。まあ外国語なのでしょうがないか。

この前テレビで中国の小学校の授業の様子が流れていた。皆小学校一年生から英語の会話を練習するのはごく当たり前。先生とも隣の生徒同士とも何度も反復練習をこなし、歌も歌うし文章も自分で組み立てる。なんだか英語が日本よりもかなり当たり前のような存在になっていることが映像を通して伝わってきた。

日本の英語教育もこれからどんどん進んで行くはず。娘が成人する頃にはもっと英語が日本でも当たり前のように吸収されて行くような存在になっているといいなと思っています。

この記事へのコメント